下園壮太のうつを改善する方法は効果があるのか:目次
1・下園壮太さんの本で「うつ病」がわかった!

2・鬱なのに抗うつ剤を飲みながら5年働いて

3・下園壮太さんに出会った私がとった行動

4・うつ病休職中に夫も鬱に

5・下園壮太さんのもの以外も比較しました

6・うつ病に関する無料冊子をご紹介します。

7・下園壮太さんのDVDはどう役立つか


うつ病からの回復カテゴリの記事一覧

うつ病休職中に夫も鬱に

休職したとたんに、一気に疲れが出たのか
起き上がることもできなくなりました。


下園壮太さんの本にもありますが
「ようやく、自分に疲れる事を許した」
のだと思います。


休養しているうちに私のうつ病はずいぶん回復しました。
ところが、支えてくれていた夫が職場のストレスもあり
夫までうつ病になってしまったのです。


ただ、増田泰司先生というカウンセラーさんと
ネットで出会い「うつ病の家族への対応マニュアル」
を購入して、とても助かりました。


ご家族がうつ病でどう対応していいかわからない、
自分の方が疲れきってしまった、という方には
「うつ病家族への対応マニュアル」をおすすめします。
「うつ病家族への対応マニュアル」はこちらで紹介しています。


ネットで売られているEブックにもとてもいいものがある、
と教えてくれたのもこのマニュアルです。

初めは少し不安でしたが、なんのことはない、
セキュリティのしっかりしたサイトを通していて
早く読みたくてカード払いにしましたが
すぐにダウンロードでき、何の問題も起こりませんでした。


あとは、もうだいぶ良くなったので問題は職場復帰です。
これがなかなか、勇気が出ないのです。

下園壮太さんの本にも
「頓服を持って街に出よう!」と
うつ病の回復期について書いてあるのですが。


そして職場復帰について具体的に事例で書いてある
「うつからの完全脱出−9つの関門を突破せよ」は
字が小さいせいか、少し読みにくいのです。


「プチ認知療法」について書いてある
「うつからの脱出」の方が読みやすいのですが
やはり、「字だけではわかりづらい」ので
フォーカシングとか、つぼ法とかあっても
なかなか実践できないのです。


とかなんとか言って、私は休養をとって
ほとんどうつ病から脱出しかかっているのに
体力も落ちて、そのまま、ずるずる
引きこもりになってしまいそうでした。



やはり、そういうケースはあるそうです。
社会復帰のきっかけがつかめなくて
うつ病からはほとんど回復しているのに、
そのまま引きこもってしまう。


でも、逆に焦って社会復帰しようとして
うつ病の再発を繰り返す場合も多い
そうです。
私の場合がそうですね。

初めにしっかり休養をとっていれば
1ヶ月程度の休みで済んだかもしれないのに
無理をして働いていたから、
2年も休職する事になりました。


でも、もう復帰していい頃です。
自分でそう思うのです。このままじゃいけない、って。


主治医の意見も聞かなくてはなりません。
でも、回復して来ると、主治医もそんなに
心配してはくれません。患者は多いのです。


自分の判断も、必要と思います。
いいカウンセラーといっても都会ならともかく
この辺にはカウンセリングしているところすら
どこにあるのかわかりません。

しかも普通は1回1万円以上かかるらしいです。
回復の手引きをしてくれる人がいません。
あなたは、大丈夫ですか?


治ったような、そうは言っても薬でまだ支えられている。
ここから完全回復するのに、何かいい手引きは?
と思っていたところに、
この下園壮太さんのDVDを広告で見つけました。


他のうつ病の当事者向けのEブックもありますが
いいものがなかなか見つからないのです。


次で、どんなものがあるか、ご紹介しましょう。

続きはこちらです。

うつを改善する方法|うつ専門の心理カウンセラー下園壮太のノウハウを一挙公開!

situmon-bl.jpg

sassi-bl.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。