下園壮太のうつを改善する方法は効果があるのか:目次
1・下園壮太さんの本で「うつ病」がわかった!

2・鬱なのに抗うつ剤を飲みながら5年働いて

3・下園壮太さんに出会った私がとった行動

4・うつ病休職中に夫も鬱に

5・下園壮太さんのもの以外も比較しました

6・うつ病に関する無料冊子をご紹介します。

7・下園壮太さんのDVDはどう役立つか


うつ病に関する用語集・豆知識・対応地域

うつ病は10人に1人は一生のうちに一度はかかる、と言われるくらい精神疾患の中ではよくある病気です。それで「心の風邪」というような言い方をされたりしますが、そのままにしておくと自殺につながる事もある生死に関わる病気です。

しかし最近では境界型うつ病や軽症うつ病、仮面うつ病など、必ずしも重篤な気分障害が現れないものもあり、本人・周囲とも軽視しがちになる場合があります。「うつ病」または「うつ状態」と診断されても「まさかそんな」とひどい病気ではない、気分的な問題、というように捉えていると危険な事もありますので、注意が必要です。

「うつ病」の診断基準は概ねDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)は、米国精神医学会(APA)が作成した診断基準に基づいています。下に記した「大うつ病エピソード」が2週間以上続くこと。

以下の症状のうち 5 つ (またはそれ以上) が同じ 2 週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている。これらの症状のうち少なくとも 1 つは、(1) 抑うつ気分または (2) 興味または喜びの喪失である。
注:明らかに、一般身体疾患、または気分に一致しない妄想または幻覚による症状は含まない。

1. その人自身の言明 (例:悲しみまたは、空虚感を感じる) か、他者の観察 (例:涙を流しているように見える) によって示される、ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分。
注:小児や青年ではいらだたしい気分もありうる。
2. ほとんど 1 日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味、喜びの著しい減退 (その人の言明、または他者の観察によって示される)。
3. 食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加 (例:1 カ月で体重の 5%以上の変化)、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加。
注:小児の場合、期待される体重増加が見られないことも考慮せよ。
4. ほとんど毎日の不眠または睡眠過多。
5. ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止 (他者によって観察可能で、ただ単に落ち着きがないとか、のろくなったという主観的感覚ではないもの)。
6. ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退。
7. ほとんど毎日の無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感 (妄想的であることもある。単に自分をとがめたり、病気になったことに対する罪の意識ではない)。
8. 思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる (その人自信の言明による、または、他者によって観察される)。
9. 死についての反復思考 (死の恐怖だけではない)、特別な計画はないが反復的な自殺念慮、自殺企図、または自殺するためのはっきりとした計画。

こうした症状の他、別の病気の可能性を排除したものが、うつ病、うつ状態と診断されます。うつ病・うつ状態・抑うつ状態・うつ病性障害・自律神経失調症など、病名の判断は医師によって違います。

こうしたうつ病の診断基準を見ても、ピンとこない事が多くあります。下園壮太さんは、うつ病患者さまの状態について、次のように表現しています。

・漠然とした不安、理由のない苛立ち、染み付いた悲しさがある。
・活動していないのに疲れ果て、休んでも回復しない。
・眠れない。食べられない。人を避けたい。それを自分でこんとろーるできない。
・自分が壊れそうで怖い。
・しかし、なぜこのようになったのか、自分自身で理解できない。説明できない。
・周囲に説明しても、理解してもらえない。共感されない。
   下園壮太著「人はどうして死にたがるのか」より引用

うつ病については「感情のプログラムの誤作動」と解釈されています。
うつ病の回復のためには、投薬と同時に休養をとらなければならない、とよく言われていますが、ではどうやったら休養がとれるのか、という問題も残っています。下園壮太さんはうつ病の時の過ごし方や回復期の特徴と過ごし方の問題について、詳しく書かれています。

下園壮太さんは自衛隊の心理カウンセラーであり、自衛隊の海外派兵、とりわけイラクへの派兵に伴う自衛隊員の戦場でのストレスのケアに当たり、自身も過労のためうつ病を経験されています。自衛隊については賛否両論あると思いますが、実際に下園壮太さんのとっているカウンセリングの方法で改善しているうつ病患者は多く、現在は外部のカウンセリングは受け付けられていません。

うつ病には休養の一方で投薬治療も欠かせません。薬を飲まなければ絶対に治らないか、というと、本来持っている自然治癒力もありますから、年数をかければ治る事もありますが、その経過は長く(10年単位)なり、本人も辛く、自殺を図る事もあります。また周囲には病気が引き起こす感情が理解できず、人間関係が悪化したり、職場関係も悪化するなどします。うつ病にかかったら、なるべく早期に治療を開始する、すなわち投薬と休養を両方行う事が一番の回復への道です。

投薬は通常抗うつ剤と不安を抑える抗不安薬=いわゆる精神安定剤、また不眠を訴える場合が多いので睡眠導入剤が処方されます。抗うつ剤を飲んだら人格が変わるとか、そういう心配は全くありません。むしろ普通の状態に戻す手助けをします。

抗うつ剤は古くからある三環系抗うつ剤(トフラニール・アナフラニール・トリプタノール等)、その後アモキサン等、そして四環形抗うつ剤(ルジオミール・テシプール等)やデジレル・レスリン等が開発されてきました。抗うつ剤の開発は主に副作用を軽減させる、という事が中心です。抗うつ剤の副作用は、眠気、ふらつき、口の渇き、目まい、便秘などが中心で、薬に慣れてくるとあまり気にならないものも多いのですが、まれに重篤な副作用もあります。しかし、その頻度は一般の薬と変りはありません。

副作用が少ない画期的な薬として話題になったSSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害剤というもので、脳内のセロトニンという物質が細胞内に取り込まれて減少するのを抑える薬です。

抗うつ剤は脳の細胞間の伝達物質であるモノアミンという物質が減少する事によってうつ病が起こる、というモノアミン仮説が採用されています。セロトニンは、そのモノアミンの一種です。

NHKの特集でアメリカのプロザックというSSRIが紹介され、日本でなぜ認可されないのか、と多くの人が疑問を持っていましたが、今ではパキシル、デプロメール、ルボックスなどの薬があります。

他にもセロトニン以外のモノアミン・ノルアドレナリンの再取り込みを阻害するSNRIもトレドミンという抗うつ剤として認可されています。代表的な薬の名前を挙げましたが、ジェネリック医薬品で別の名前で同じ物質からなっている薬もあります。

新しく開発されたSSRIやSNRIはよく効いて副作用がないか、というと、抗うつ剤の効き方は人によって違い、実際問題「飲んでみないとわからない」というのが実情です。私の場合はパキシルが処方されましたが、嚥下困難(ものがのどにつかえて飲み込めない)という副作用が出たため中止され、かなり何回か抗うつ剤を変更して、現在はトフラニールとテシプールを併用しています。副作用は口の渇きと、たまに動悸がするくらいで特に問題はありません。以前の医師の時に随分色々薬が変わったため、大抵の抗うつ剤は飲んだ事がありますが、実際に生活に差し支えるような副作用が出た物はパキシルくらいです。

初めから多種類の抗うつ剤を処方するのは問題があります。副作用が出た場合、どの薬が副作用を起こしているのかわからないため、その時処方された全部の抗うつ剤が飲めなくなって薬の選択肢を狭めてしまいます。

坑不安薬(安定剤)はセルシン(ホリゾン)、デパス、ソラナックス、レキソタンなどがあります。坑不安薬(安定剤)も個人の好みがあるようです。^^;

睡眠薬と呼ばれる事の多い睡眠導入剤は、短時間型、中時間型、長時間型とありますが、長時間型と言っても起きている間は安定剤と同じように働く場合もあり、眠りっぱなしになるというわけではありません。もちろん、うつ病患者ご本人にとって多すぎる量だと昼間も眠気が残る、ということになりますから、特に仕事を持っている方は医師との相談が必要でしょう。

睡眠導入剤(眠剤)の副作用としては、短時間型の場合、飲んだのに起きていると、その間にした事を忘れてしまう、という状態が起きてしまう事がよくあります。特に超短時間型のものは、ピンポイントで効きますから、寝る直前に飲んで、飲んだらすぐに寝ないと効かなくなってしまう事があり、「効かない」と誤解される事もあるようです。短時間型などというのも、一種の目安なので、人によっては長時間型は平気だが短時間型と言われている薬の方が日中のふらつき、眠気が強い、という場合もあります。ハルシオンは短時間型といわれますが、日中も残る、という人が多いようです。

私は眠剤はアモバンが一番寝覚めがいいので好きですが、この薬はかなり苦いので(日中も唾液に苦味が分泌されるので一日中口の中が苦くなるようです。)医師もあまり処方したがりません。「苦い」と不評なのです。そうかな〜?確かに苦いのは苦いかもしれないけど。慣れました。書き始めるときりがないので、また時間のある時に書きます。

この下園壮太さんの「うつを改善する方法『プチ認知療法』」のDVDセットはインターネットを通したオンラインの通信販売ですので、札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・・京都・神戸・岡山・広島・福岡など全国主要都市をはじめ北は北海道、南は沖縄まで、全国どこからでもご注文できます。決済システムはインフォトップのセキュリティシステムによって守られております。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

situmon-bl.jpg

sassi-bl.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。