下園壮太のうつを改善する方法は効果があるのか:目次
1・下園壮太さんの本で「うつ病」がわかった!

2・鬱なのに抗うつ剤を飲みながら5年働いて

3・下園壮太さんに出会った私がとった行動

4・うつ病休職中に夫も鬱に

5・下園壮太さんのもの以外も比較しました

6・うつ病に関する無料冊子をご紹介します。

7・下園壮太さんのDVDはどう役立つか


下園壮太さんに出会った私がとった行動

下園壮太さんの本に出合って、
私は自分がうつ病になった事を
責めなくていい、とわかりました。


そして自分のうつ病の治療に欠けていた面も。
うつ病を治すには抗うつ剤などの薬は欠かせません。
が、薬だけでは効果が上がりません。
「休養」をとらなければ効果が上がらないのです。


私は2週間とか、1ヶ月の休みをやむを得ず
取ったりしていましたが
「全く休めていなかった」という事がわかりました。
本当の、心からの休養はとれていなかったのです。


うつ病で仕事を休んでいる間も
休んでしまった事で自分を責めて
少しでも早く出勤しなければ、と
そればかり考えていました。


私は、自分の鬱病を治すには、休養が必要な事、
そのためには、周囲の理解が必要な事を知りました。

また、職場復帰は徐々に始めないと
何とか出勤できるようになったら、
人と同じようにすぐに働き出すというのでは
ほとんどの場合、うつが再発する、という事を知りました。


私は下園壮太さんの
「人はどうして死にたがるのか」という本を
少ない給料の中から3冊さらに買いました。

1冊は単身赴任の夫に、
1冊は経営者に、1冊は職場主任に。
私のうつとの闘いが始まりました。


職場である病院で診察を受けていても
言わば上司でもある医師は
「早く職場に出られるようにする」事しか考えていません。

「うつ病を治す」事を考えてもらえる
精神科クリニックへ転院しました。
そして、長期休職を決意しました。


自分のうつ病への自覚とそれと闘う力を与えてくれた
下園壮太さんにはとても感謝しています。


が、予期しなかった問題も起こってきました。

続きはこちらです。

うつを改善する方法|うつ専門の心理カウンセラー下園壮太のノウハウを一挙公開!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

situmon-bl.jpg

sassi-bl.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。